結局、奈良に行くことにしました。


本日、旅行の手配をお願いしていたツアー会社より電話があり、

とある神社の特別参拝に参加できることなったと連絡があったからです。


その企画は人数が集まらなければ決行しない予定だったらしい。

今回の連絡を「ひま子、やはり奈良に呼ばれてる!」と都合よく解釈しました。


もちろん十津川温泉にも行きます!

例え玉置神社に行けなくても!

だって温泉も楽しみなんだも~んo(^o^)o(変なテンションなのは酔っ払っているからです)



後ね、今回のバス代キャシュバックキャンペーンを利用して22年ぶりに天河弁財天に行くことにしました。


天河弁財天は今では結構メジャーなパワースポットですが、

ひま子が最初に訪れた24年前は土日でも観光客がいない地元の神社って感じでした。


ひま子が天河弁財天を知ったのは、高校生の時。

「ガラスの仮面」で有名な美内すずえさんの紹介です。(要するに、美内先生が何かのエッセイで紹介していた。)


高校生のひま子、いつか天河弁財天(っていうか、奈良に)行きたいと思っていたのですが、

なんせ高校生なのでお金がない。



月日は過ぎ、19才の時に奈良訪問の願いは叶いました。
(ひま子、一人旅のつもりだったけど、母がついて来た…理由はいつか書くかも)


奈良訪問の夢は叶いましたが、

天河弁財天に行きたいと思っていたことは忘れていたある日、

デパートのトイレに入っていたひま子の耳に、偶然見知らぬオバチャン達の会話が入ってきたのです。


「天河弁財天に行きたい。その神社は奈良にあってね…」

と同行者のオバチャンに話を振っていました。



ひま子、オバチャン達の会話を聞いていた1週間後に、京都2泊3日の旅行に行くことになっていました。

しかも、京都旅行の最終日は、なぜか友達のデートに同行することになっていました。…。
(ひま子をダシに友達がその彼に会いにいく旅行だった。要するにひま子は完全にお邪魔虫状態。)


ひま子、最終日に友達に天河弁財天に行きたいことを熱弁し、

最終日は別行動をとらせてほしいと説得し成功しました。


天河弁財天の存在を知ってから、5年後に訪問する願いが叶ったのです。


その3年後、再度、一人旅で奈良旅行した際に天河弁財天を訪問しましたが、

いろいろ思う事があり、その後は足を運ぶことはありませんでした。



ひま子、奈良は年に1回ペースで訪問しているぐらいの奈良好きですが、

なんとなく行くキッカケが無くてね。



今回のバス代キャシュバックキャンペーンは、

ひま子にとって(勝手に)因縁じみたものを感じているのですよ~(ΦωΦ)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村